Facebookで友達を5000人集めて見込み客を遠ざけている逆ブランディング起業女子

FB友達5000人

こんにちわわ、斉藤です。

Facebookで5000人!って、もはやひと昔前の話だと思いきや、今だにいるんですね。

たまに友達申請がきますが、労働コストを考えるとただただ、「お疲れ様です。」と言いたくなります。

Facebookで友達が5000人いることが、人気者の証だとでも思っているんでしょうか。
集客が出来ているとでも思っているんでしょうか。

むしろFacebookで友達を増やし続けることが、結果見込み客を遠ざけていることに気付いていますか?

[ad#co-1]

おはようおじさん逆ブランディング

例えば、5000人も友達がいる起業女子のコメント欄には、もれなくおはようおじさんがたくさんわいています。

「今日もキレイですね。」
「今日も素敵な1日を過ごして下さい。」
「今日もよろしくお願いいたします。」
「So Beautiful…」

といった感じに。

たまたま投稿を見て、何かコメントしようかなと思っても、大量のおはようおじさんコメントを見ると、コメントする気持ちが萎えます。

だって、ここにコメントしたら、新しいおはようおじさんがコメントを付ける度に、もれなく通知が来るわけですよ。
「どこそこのおじさんがコメントしました」という具合に。

そして遂には、おはようおじさんから友達申請がくる流れにもなるでしょう。

嫌すぎます。

だから、5000人も得体の知れない人とつながっている起業女子とFacebookで繋がるメリットって、ないんですよ。

むしろ迷惑。そして危険。

ただの数集めなのがみえみえ

Facebookで5000人も友達になろうと思うと、メッセージ付きで友達申請をする作業が毎日発生しますよね。

5000人ものブログ、投稿をじっくり読んで申請するのはほぼ不可能ですよね?

友達申請をもらうこちらとしても、使い回しのテンプレメッセージか、そうじゃないかはおおよそ判断がつきます。

わたしの場合は起業女子ネタを結構ブログで書いているので、キラキラ系の起業女子から「ブログを読んで共感しました!」なんてメッセージをもらうと

え、どこに?
わたしのブログ本当に読んでる?
本当に読んでたら申請しなくない?
キラキラしない派って書いてますけど?

と思うわけです。

数集めのために友達申請しまっくてると分かるので、当然心象はよくないです。

友達申請がくると、どんな人かな?と必ず投稿を見にいきますが、友だちの数を見て何千人とかいると、ああ、テンプレメッセージか、とも思ってしまいますね。

Facebook友達が多ければ多いほど、逆ブランディングになっているんですよね。

Facebook集客はダイレクトハンドに似てる

ダイレクトハンドって知ってますか?

町中でティッシュを配っているのがそう。

以前、前の職場で営業さんに駆り出されて、自社メディアのうちわくばりをさせられたことがあったんですね。

許可をもらって、駅の出口に立って、何千人に声を掛けて配る、というのを何度かしました。

でも正直、効果はほとんど感じられませんでした。

だってよくあるティッシュにしても、もらえるのは嬉しいけれど、わざわざ広告を見てホームページを見て、なんて面倒なことしないですからね。

結局は、定期的なキャンペーンというかイベントごとと化して、ノルマ達成のために、最後の方はもう、ターゲットとしては薄いおじいちゃんおばあちゃんにまで配っていました。

FB友達5000人!をがんばっている人を見ると、そのときの自分を思い出します。

無駄に数だけ集めても、意味はありません。

おはようおじさんは多分その人のターゲット外だし、「So Beautiful…」なんて、どこかの国のおじさんまで混じってますからね。

数が多いのが誇れるのは有名人だけ

友達が多いことで人気者風に見せている人がいますが、

5000人の友だち全員の投稿なんて、到底チェックできないですよね。
コミュニケーションも生まれないですよね。

見込み客の母数を増やす作戦なのはわかりますが、こちらにメリットがない状態でつながっても、見込み客にはなりえません。

憧れの有名人だったら、プライベートの投稿にもテンションがあがりますが、全然知らない人の朝ごはんとか、、、どうでもいいの極み。

例えSNSであれ、見込み客とつながるのであれば、価値のある情報を発信してなんぼです。

にもかかわらず、

今日はセミナーに行ってきます!の自撮りをアップしたり
お世話になっているコンサルタントの◎◎さん♡とのツーショットをアップしたり

知らんがな。

その投稿を見てわたしに何のメリットが、、、と思ってしまいます。

FB起業女子の末路

Facebook友達の多い、会ったこともない起業女子から友達申請をもらったときにいつも思うことをまとめてみました。

友達申請をしまくるのは、いわゆるプッシュ型の戦略。
もちろんプッシュも大事だけれど、お客さんになる可能性の低い人ばかり集めても何の意味もありません。ただ疲弊するだけです。
おはようおじさんのコメント返信の手間をとられるだけです。

そもそも、Facebookで5000人集めたとして、
その人たちがFBに飽きて見ないようになったら?
新しいSNSもWebサービスもどんどんでてきて、移り変わりは早いですからね。

いいかげん、数だけ戦法はやめて、質のいいお客さんを集めることにしませんか?

集客の入口は何もSNSだけではありません。ブログを運営しているなら、検索からお客さんを集めることだって可能です。

お客さんに見つけてもらう、プル型の戦略もしていきましょう。

無駄とはいえ、5000人も友達を集められる人はある意味、根性とやり遂げる力を持っているわけですから、その強みをもっと効率よく生かした方がいいと思いますよ。

質のいいお客さんを集められるWeb集客のノウハウはこちらで書いています。

非キラキラ起業女子的Web活用論

[sp] [ad#co-2] [/sp]
FB友達5000人
最新情報をチェックしよう!