「忙しい」は人気者ではなく頼ってはいけないコンサルタント

忙しいコンサルタント

こんにちは、斉藤です。

忙しくてブログが書けませんでした。
忙しくて久しぶりのメルマガ配信になりました。

こんな風に、ブログやメルマガで忙しいアピールをするコンサルンタント、いませんか?

本人的には人気者アピールのつもりなんだと思います。

でも、どう考えてもマイナスブランディングでしょ。というのがわたしの意見。

忙しい=自己管理ができていない

忙しいアピールって、サラリーマンでもするひといますよね。

でも、そういうひとに限って、仕事ができなかったりしませんか?

昨日徹夜で企画書作ったから寝てない!とか。
仕事を受けすぎちゃってまわらない!とか。

いやいや、アピールするほどそんなに大したことしてないよ。って言うやつ 笑。

しかもそれが異性なら、余計に「知らんわ」てなりません?

売れっ子なのはいいことですが、自分のキャパ以上に仕事を詰め込むのって、自己管理能力が低く無能なことをドヤ顔でアピールしているようなものです。

その忙しさは事前に予想しておくべきでしょ、と思いますし、自分のキャパすらわかってないのに、クライアントに対して適切な指導や管理ができるの?とも思います。

https://twitter.com/micky19750930/status/990195681464696832

忙しい=後回しにされない?

いやいや、そうは言っても売れっ子なんだからしょうがない。

そんな風に思っているひともいるかもしれません。

でも、売れっ子なら尚のこと、多くのクライアントを見ているし、同時進行で何件もタスクを抱えているはずです。

そうなると、後回しにされない? 適当にされない?とわたしは感じてしまいます。

実際、とある売れっ子起業女子のセミナーに参加したことのあるクライアントさんから、そんな話を聞いたこともあります。

メールフォローがひと月ついていたのに、メールを送ってひと月経っても何の音沙汰もなく、クレームを入れたらすぐにメールが来たそう。

「忙しそうなひとだったので、キャパオーバーだったんだと思います。」って言ってましたが、、いやいや、ダメでしょ。

お金を払ってもらっている以上、どのクライアントに対しても同じ価値を提供するべきですよね。

それから、これはコンサルタントに限らず、自分自身に置き換えて考えて欲しいんですが、

お客さんがひとりしかいなかったら、すごく記憶に残るしお客さんの情報を網羅した上でサポートしたい!と思いますよね。自分の100%をそのひとにぶつけますよね。

でも、お客さんを同時に100人抱えていたらどうですか?

一人ひとりの特徴を覚えられますか?
名前すら危うのでは、、、?

いくらスペックが高くても、どんなひとでも限界はあります。

実際ブログ発信が止まっていたり、メルマガを配信できてない状態ということは、思い切り業務に支障をきたしてますよね?

不安しかないじゃないですか。。。

忙しい=優先順位が低い

それからもう一つ、ブログやメルマガが後回しになるのは、他の業務よりもブログ(読者)やメルマガ(読者)の優先順位が低いからです。

つまり、「あなたたちのことはそれほど大事じゃないから後回しにしちゃってるの、ごめんね。」

ってことだと思うんですよね。

お金を払ってくれたクライアントを優先するのは当然ですが、ただその「あなたたちのことはそれほど大事じゃないから後回しにしちゃってるの、ごめんね。」をわざわざ発信して伝える意味ってあるのかなと。

本人がそういう意味で伝わると分かってて使ってるならいいですが、見てるとおそらくそうじゃない。

ただ、自分の人気者アピールをしたいだけ。

だから、クライアントよりも自分の方が大事なんだろうな、と思ってしまうんです。

相手がその言葉をどう受け取るか考えたらその言い方はしないんじゃないのかなと。

アピール過剰なコンサルタントは選ばない方がいい

ということで、ブログやメルマガでの「忙しい」アピールはマイナスブランディングでしかないと思っています。

コンサルタントにじっくり向き合って欲しいひとは、売れてるアピール、忙しいアピールをしているコンサルタントのところにはいかない方がいいですよ。

忙しい事情は色々あると思うので、忙しいことを批判はしません。
ブログやメルマガに書くのも自由。

でも、それをアピールするのは間違ってるよという話です。

寝てないアピール、忙しいアピール、勉強してないアピールは三大無駄アピール。お客さまではなく、パートナーや身内に聞いてもらうにとどめましょう。

忙しいコンサルタント
最新情報をチェックしよう!