アメブロもFacebookも自撮りもがんばったのに稼げないまま2017年を終えようとしているあなたへ

2017起業女子

年末年始といえば、クリスマスから忘年会、年越し、初詣、新年会とイベントごとが目白押しですね。

当然、アメブロやFacebookを見ると、イベントを楽しむ投稿が散見されます。

キラキラ起業女子の皆さんは、年末年始も自撮りやリア充アピールに余念がないですね。

年が明けたら明けましておめでとう投稿をしないといけないし、手の込んだお節アピールに、新年の抱負にと、やることはたくさんありますよね。

それとも、年末年始もせっせと、アメブロやFacebookで読者集め、友だち集めに精をだしますか?

SNS投稿も読者や友だち集めも、それがあなたの売上をあげてくれるなら、もちろんやるべきでしょう。

でも、2017年を振り返ってみて、出費と収入、どちらが多いですか?

投資の回収は長いスパンで考えてるから大丈夫?
自分にとって必要な投資だと思ってる?
先行投資だから気にしない?
豊かさの先取りをしてるだけ?

それ、思わされてるだけじゃないですか?

広告

気づかない振り起業女子

個人セッションでクライアントさんと話していると、

これって本当に効果あるんでしょうか?
みんなやってるけど、やった方がいいですか?

こんな言い回しで質問されることがあるんですね。

それに対して

わたし
どう思いますか?
[su_spacer size=”30″]

と質問で返すと、

クライアントさん
いや、〇〇しても◎◎だから、集客に効果があるとは思えなくて…。でも、やっているひと多いじゃないですか。だから効果があるのかなって。
[su_spacer size=”30″]

のような答えが返ってきます。

質問してる段階で、薄々、これ違うんじゃ…って感じてるんですよね。

で、そういう直感って、ほぼ当たってます。

極端に失敗を恐れる、石橋を叩きまくってからじゃないと渡れないタイプのひとは置いておいて。

意識してるしてないに限らず、違和感を感じているんですよ。

アメブロ読者1000人、Facebook友だち5000人は必要か?

アメブロ読者、Facebook友だちを増やした方がいいかどうかは、いまだに質問を受けることがあります。

コンサルタントに言われてアメブロの読者登録をがんばって、読者数1000人にしたんですが、効果ありますか?

Facebookで友だちを増やすのって、やっぱりしていった方がいいんでしょうか?

より多くのひとに認知してもらいたい。という気持ちはわかります。

でも、まず考えるべきはそこにターゲットがいるのかどうか?

アメブロもFacebookも、ビジネスユースしているひとが多くて、みんながみんな自分の商品を売りたいばっかですよね 笑。

読者になるのも友だちになるのもいいねするのも、自分の商品を売りたいから。

起業コンサルやブログ集客を教えているひとにはアピールの場になるでしょうけど、ターゲットが30〜40代の、自分でビジネスをしていないOLさんだったら、アメブロとFBでプロモーションするのは正解なんでしょうか?

普通に考えたらわかること。

でも、目にする情報がアメブロ集客! Facebook集客!ばかりなので、違和感を感じながらもこれが正解なの…?とうっかり思ってしまうわけです。

自撮りも同じ。

本当は薄々気づいてるんですよね。これを続けて本当に効果があるのだろうか? と。

でも、◎◎さんは自撮りが集客に有利に働いたと言っていたから...と、少しの引っ掛かりに蓋をして、見ない振りをしてしまうんです。

キラキラじゃなくてギラギラだ、という言い訳

今年はキラキラ起業女子のテレビ出演が話題になりましたが、悪意を感じる編集もあって、世間の声は辛辣でしたよね。

関連「キラキラ起業女子」のみなさん、スッキリでディスられてましたけど息してますか?

それを察して、セミナー開催者のキラキラ系コンサルタントは

キラキラしてるのは表面だけ。

裏では血の滲むような努力をしてるもの。
本当はギラギラしてる。

世間は何もわかってない。

みたいなフォローを入れて、信者が離れないようにしているのを見かけましたが、

 

うん。それもみんな知ってるよ。

 

ギラギラしてるの、みんな気づいてますよ。

お客さんを置いてけぼりにて、自己承認欲求を満たすだけのために起業してるとか

楽したいがために、中身スカスカなのにブランディングだけで価値を釣り上げて売ろうとしてるとか

そういうところがどうなの。と思っているわけで。

世間のキラキラ起業女子バッシングに揺らいだひと、実は結構いるんじゃないでしょうか。

でも、人脈を断つのが怖かったり投資した金額が大きかったり、認めるのが悔しくて、その違和感を見ない振りしていません?

まとめ

世間に溢れているノウハウの多くは「簡単」「誰でも」という魅惑のコピーでわたしたちを誘いますが、そういうのに釣られつつも一方で、どこかに違和感を感じてるひとはいるはずです。

でもその違和感を、

起業をしたことないからわたしの常識は起業界の常識ではない。

稼いでいるあのひとがそう言っているのだから間違いない。

と打ち消してしまうんですね。

少しでも違和感を感じるなら、お客さんの立場に立って考えてみてください。

それをされたらあなたのお客さんは嬉しいですか? あなたに魅力を感じますか?

その違和感に目を背けたままでは、2018年もあなたは稼げない起業女子のままです。

2017起業女子
最新情報をチェックしよう!
広告