個人ビジネスの2大敵。女性が思考停止モードに陥るとき

never stop thinking

・投資しても成果が出なかった
・講座を受けたけど自分のビジネスにうまく生かせなかった

どちらもよく聞く話ですが、こうなる理由は何でしょうか?

「自己責任」の観点で見ると

投資先が間違っていた。
講座の選び方が悪かった。

ということになりますよね。

じゃあどうして選択を間違ってしまったのか、というと、原因のほとんどは「思考停止」にあります。

女性起業家の失敗話を聞いていると、だいたい2つのパターンに振り分けられるんですね。

知らない分野、苦手な分野の話になると思考停止する

まずひとつめは、知らない分野の話になると思考停止してしまうひと。

思考が止まるというよりは、シャッターをガラガラ降ろして自らシャットアウトしてしまうイメージかな。

お金のこと、Webのこと、苦手なひと多いですよね。

Web制作業者に声をかけられる。よく分からないけどホームページは持ちたい。出せる金額ではあるし、他を探すのも面倒くさいし、他を見ても分からないし、丸投げ出来るならお願いしよう。

心の中はこんなところでしょうか。

で、失敗するんですね。

昔から悪質なWeb制作会社やSEO業者はいますが、起業女子ブームに乗り、最近は専門知識の薄い起業女子や主婦起業家もターゲットにされています。

彼らからしてみれば、専門用語を並べて、独自サイトを持つメリット・持たないデメリットを説明すれば簡単に説得できてしまうWebに疎い女性はいいカモなんです。

信頼の置ける専門家を見つけるか、ある程度の知識は持っておくかしないと、足元を見られますのでご注意を。

信頼してるひとからの紹介も危険

女性が思考停止に陥るもう少しひとつのパターンは信頼しているひとからの紹介。

普段は警戒心の強い女性でも、

○○さんがおすすめしてくれるなら大丈夫でしょ。

と、根拠のない安心感を抱いてしまいます。

これも危険。

そのひとの信頼性が怪しいとかではなくて、「そのひとのおすすめが自分に合うのか」の視点が抜けちゃってるんです。

信頼しているひとの、ターゲットや売り方、ビジネスモデル、キャラクターには合ったかもしれない。

でも、あなたは?

信頼しているひとの目的には合ったかもしれない。

でも、あなたは?

信頼しているひとは、何をもってそのひとをおすすめしているの?

人として信頼のおけるひとだから?
実績のあるひとだから?
有名なひとだから?

意味のある投資にしたいのであれば、最低限この位は自分なりに考えないといけませんよね。

男性は情報を収集して、比較して決めるのが割と得意。でも女性は感情で動きがち。

お申し込みの際に、「直感で決めました!」て、女性からしか聞きません。

ビジネスで見るべきは結果です。
求める成果が得られるのかどうか。

思考停止と戦う方法

結局、自分で考えるがめんどうなので楽な方に流れてしまっているだけなんですよね。

リサーチをさぼらない。めんどうくさがらない。

思考停止と戦うには、「楽」をしようとしないこと。
その時はいいかもしれませんが、楽をしたツケは後で回ってきます。

今まで騙されたりしたことがない、何となくうまくいっちゃってる人なんかは特に危ないですよ。

普通に生活していたらそんな目に合わなくても、ことビジネスにおいては大きなお金が動くので、失敗すると痛いです。

失敗から学ぶならいいけれど、失敗を何度も繰り返すひと、たくさん見ます。

思考停止ぐせのあるひとは矯正しないと、今後も「お金は使うけど成果はでない」から抜け出せません。

何かを決断する際には投機にならないよう、しっかり見極めてから行動しましょう。

never stop thinking
最新情報をチェックしよう!