WordPressでリンク切れじゃないのに横線が表示されるときの解決方法

リンク切れ打消し線
こんにちは、斉藤です。

先日クライアントさんから、不具合の連絡をもらいました。

Facebookのテキストリンク、リンク切れじゃないのに横線が表示されるんだけど、なんで?
[su_spacer size=”30″]

ブログ記事に表示したFacebookのテキストリンク、例えば

https://www.facebook.com/masami.saitou114 が、https://www.facebook.com/masami.saitou114

こんな風に取り消し(打ち消し)線が入った状態で表示されるとのこと。

調べて見たらリンクエラーチェックのために入れている「Broken Link Checker」というプラグインが原因でした。

割とメジャーなプラグインで使っているひとも多いと思うので、解決方法を備忘録として書き残しておきます。

リンク切れと判断すると、打消し線が入る仕様

htmlソースを確認してみたら、該当のURL部分に、身に覚えのない「broken_link」というclassが割り当てられていたのですが、

「Broken Link Checker」はデフォルトで、リンク切れの場合はリンクエラーと見てわかるよう、取り消し(打ち消し)線が入る仕様になっています。

該当箇所はリンク切れではないのですが、リンク切れと誤判断されてしまったよう。

「リンクエラーではない」と手動で設定を

該当箇所のリンクエラーは実際にはリンク切れではないので、Broken Link Checkerの誤判断なわけですが、そのまま放置はできません。

「ツール」→「リンクエラー」から該当のリンクを探して、「リンクエラーではない」をクリックします。

Broken-Link-Checker

これで正しいリンクと判断されたのでOK。

ページを更新して確認すると、打消し線は消えて正しく表示されました。

リンク切れチェックは定期的に

他のリンクエラーも確認したのですが、個人のFacebookページへのリンクはなぜか謝ってリンク切れ判定されやすいようです。

「Broken Link Checker」はリンクエラーを検知した際にメール通知で教えてくれます。面倒くさいと後回しにしてしまいがちですが、定期的な確認が吉◎

今回は手動でリンクエラーではない、という設定を行いましたが、リンクエラー時のスタイルを変更したり、CSSを適用しないようにすることも可能です。

Broken-Link-Checker リンクの調整

ただ、これだとリンク切れをユーザーに伝えることができないので、手動で設定する方がおすすめですね。

リンク切れじゃないのに取り消し(打ち消し)線が…?というひとは、Broken Link Checkerを疑ってみてください。

最新情報をチェックしよう!